×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


徳川家康〜清洲同盟〜

タイトル
サイトTOP相互リンク集相互リンクの詳細相互リンク申請フォーム

サイト内コンテンツ
清洲同盟
豊臣政権
江戸幕府
問い合わせ
サイトマップ

もともと、今川家に属していた家康だが、桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に敗れた時、その混乱に乗じて三河の岡崎城に入り、独立した。義元の後を継いだ、氏真と断交して対抗するために、織田信長と同盟を結んだ。

これにより、徳川家康・織田信長、共に背後を固める事に成功した。この後、今川家と戦い領土を拡大していった。

家康は、織田家との同盟をとても大切にしていたようで、将軍が信長包囲網の要請をしたときも、これを拒否して織田家を支援し続けた。


<<BACK NEXT>>

Copyright:(C)THE戦国時代・徳川家康 since2006. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断での転載・転用を禁止します。